フォトブック

しまうまフォトブックのプレミアムのクチコミは?スタンダードと徹底比較しました。

しまうまプリントのフォトブック。プレミアムとスタンダードの違いや選び方。

お手頃価格が最大のメリットである「しまうまプリント」でも、手軽さゆえにスタンダートタイプを注文して手にとったら、思っていたのと違った…画質がイマイチ、そんな経験ありませんか?

またはこれから注文するつもりだけど2つの違いを知っておきたい!

注文前に失敗したくないですよね、そんな方にプレミアムとスタンダードの違いをまとめました。

私も注文前に色々ネットで調べていまいちピンとこなかったんです。

でも、実物を手にして、プレミアムとスタンダードの違いがはっきりと分かりました。

結論から申し上げるとプレミアムとスタンダードは全く別物です。

AOI

夫は「これ同じ会社のフォトブック?」って言ってました(笑)

しまうまくん

ちゃんと同じ会社だよ〜

\お得なキャンペーン実施中/

注意!

実は20201年の8月よりフォトブックの名称が変わりました!

この記事で紹介しているスタンダードは 「ライト」という名称に変わりました。

ですので今回の記事は新名称に当てはめると「ライトとNEWスタンダード」の2つの比較になります。

記事内では過去の呼び名で紹介しております。

名前が浸透したらこの先、変更する予定です♪

しまうまプリントのフォトブックとスタンダードタイプの違い

中身は本体と同サイズのチラシが一枚です。

水や汚れに強いプラスチック製のパッケージ。これはスタンダードタイプと同じですね。

そして注文時の状況はこちらです。

  • 写真データはすべてスマホ(当時iPhone7)
  • 編集はパソコン
  • 自動補正なし

それではスタンダートタイプとプレミアムタイプの違いを見ていきましょう。

AOI

手持ちのiPhone7で撮ったので写真データよりも画質が荒いです。違いが伝わりにくかったらごめんなさい。

フォトブック本体の違い

表紙の違い

開きやすいソフトカバーに、高級感のあるマット印刷を行います。正式にはプレミアムカット加工が施されています。

質感はしっとりとした肌触りでした。

AOIを入力

これ、すきな質感!!

上質なカタログのような表紙です。落ち着いた写真集のようですね。ハードカバーじゃなくても敢えてソフトカバーでプレミアムでも良いのかもしれないです。

色味としてははっきりとした白です。蛍光色のような真っ白。逆にスタンダードは若干黄色みがかかったような色ですね。

正直スタンダードとこんなにも違うのか…!と驚きました。

中身の違い

中身の紙は高級感のあるサテン紙です。全ページ、高級感のあるマット仕上げで、表紙は巻きカバーなしの直接印刷です。

スタンダード
プレミアム
  • レーザープリンター(4色
  • インクジェット印刷(7色
しまうまくん

インクジェットはコストがかかる印刷方法だよ。でも他社で同じ質でフォトブックを作ろうと考えると安いんだ

わたしは特別、紙に詳しい物ではないのですがはっきりとスタンダードとプレミアムの違いを感じました。

写真からツルツルしているのが伝わりますか?

AOI

現像した写真を手にした感覚と似てる!

スタンダードだと「ザ・」ですが、こちらは「写りの良い写真」という感じ。

実際にプレミアムでは最新のインクジェットプリンターを使っていますので、より鮮やかで繊細に写真を再現してくれます。

細部まではっきりと印刷してくれるので、同じ写真データーを使っているようには見えない仕上がりでした。

スタンダードタイプで気になった写真の粗さがプレミアムには全くなかったです

色の明るさの違いと自動補正について

では色の明るさや自動補正について違いを見ていきましょう。こちらが写真を比べたものです。

プレミアムとスタンダードの違いがはっきり現れるのが人物の顔なんです。

プレミアムは細部までしっかり、かっちりカラーが付いていてスタンダードとは全く異なりますね。

プレミアムは7色のインクジェット印刷方法なので、よりくっきりと色が出て、より元の写真に近い仕上がりになります。

赤ちゃんの写真のツヤツヤなお肌の写真は、ぜひプレミアムで残したいなと思いました。

続いては自動補正に関して説明します。

自動補正の注意点

自動補正とは自動でいい色に変えてくれる機能のこと

それなら毎回自動補正ありがいい?って思いますよね、でも加工した写真は自動補正なしで注文して下さい。

しまうまプリントは一枚ずつ補正ありなしを選ぶことはできません

もしもフォトブックの編集中に一枚ごとに自動補正して色を変えたい時は、対応しているフォトブックサービスを選びましょう。

中でもVistaprint(ビスタプリント)は白黒やセピアに写真を変えられたり自由度がものすごく高いサービスです。

AOI

今回試しに自動補正なしでつくりました

というのもスタンダードタイプは自動補正ありで作ったので、今回は自動補正なしで比較したいなと思ったからです。

さらに一部、写真の明るさを加工した写真があったので補正なしを選んでみました。

結果、見比べると加工なしの写真は若干暗い写真が多かったです。

AOI

うん!加工した写真は補正無しで良い色だけど、加工なしだと補正は必要だな〜

次は自動補正ありで作ってみようと思います

上が自動補正なしのプレミアム・下が自動補正ありのスタンダード
しまうまくん

要するに、スタジオで撮った写真は明るさなど編集している可能性が高いから自動補正なしを自分で選んでね!あとは自分で編集加工した写真も自動補正なし

ここ2点は注意しようね〜

プロでさえ、自動補正なしで注文して失敗してしまうことがあるんです。意外と盲点だったりする自動補正。

届いてガッカリとならないためにも気をつけたいですよね。

カバーと綴じ方の違いはあるの?

続いてフォトブックのカバーと綴じ方の違いを見てみましょう。

綴じ方はスタンダードもプレミアムも「無線綴じ」です。しまうまプリントでは180度のフルフラットは用意していません。もしペタンと平らに開くページを作りたい場合はビスタプリントなど選んでくださいね。

スタンダードはカバー付きの「巻カバー」、プレミアムはカバー無しのソフトカバーです。

しまうまくん

プレミアムはカバーがないけど、表紙そのものがしっかりした素材。開いてもカバーが取れたりする心配がないんだよ〜◎

しまうまくん

同じ様なワンコイン以下で作れるサービスの中では作りがしっかりしているって口コミが多いんだよ〜。漫画のようにカバー(巻カバー)がついているのがポイントなんだ♪

値段とサイズの違いを比較!

引用元 しまうまプリント公式サイト

しまうまプリントでは4種類のサイズを選ぶことが出来ます。

しかし、一番小さい文庫本はスタンダード仕様のみで、A5スクエア〜A4サイズはプレミアムの注文が出来ます。

AOI

今回はA5サイズを選びました

2020年の秋からプレミアムの値段が見直されてお安くなりました♪(公式サイトより)嬉しいですね。

\お得なキャンペーンも実施中/

どのくらいで届く?納期の違い

注文してから発送までの日数を比べてみました。

スタンダード(新ライト)
プレミアム(新スタンダード)
  • 23:59までのご注文で最短翌日発送
  • 注文から5日程度で発送

この納期にプラスして配達にかかる時間を計算します。

しまうまくん

①メール便(110円)は発送日より3〜7日かかるゆっくりコース。

②宅急便(660円)は発送日より2日で届くスピードコースだよ。

例えばスタンダードタイプをメール便で月曜に注文したら、火曜には発送されて金曜か週末には届くイメージ。

これがプレミアムだと月曜に注文したら翌週の週末に届くイメージですね。

いつもスタンダードで慣れている人は、プレミアムを頼むと、中々届かないな…と感じるかもしれません。5日は時間がかかると覚えておきましょう。

急いでいる場合は宅急便を選ぶことも出来ますが、本体価格より送料が高くなる場合もあります。

しまうまくん

圧倒的にメール便を選ぶ人が多いよ。気長に待っててね

\公式サイトで配達日は確認できるよ/

実はしまうまプリントのハードタイプはプレミアム仕様です

今回わたしが注文したのは柔らかいソフトカバーのフォトブックでしたが、表紙が硬い絵本のようなタイプのハードカバーの中身もプレミアム仕様です。

しまうまくん

プレミアムハードはしまうまプリントの中で一番高級タイプだよ〜

表紙もしっかりした素材で作りたい場合は、迷わずしまうまプリントのハードカバーで作ってみて下さいね。中身の写真の質はこの記事で説明している画質と同じものですよ。

しまうまプリントの注文方法をおさらい

それでは注文方法をおさらいしましょう。

しまうまプリントではパソコンからもスマホからも作れます。詳しくは「しまうまプリントのフォトブックを注文。口コミを本気で調べてみた」で話していますが、それぞれで出来ることが僅かに変わってきます。

AOI

私はプレミアムは自由度がより高いパソコンから編集して注文してるよ♪

しまうまフォトブック注文方法
  1. 公式サイトに飛ぶ(またはスマホアプリ)
  2. 写真を選ぶ
  3. レイアウトを決める(データーの保管は90日)
  4. プレビューで仕上がりを確認
  5. タイトルや文字を入れる
  6. 「注文する」をクリックする
  7. 支払い方法を選ぶ
  8. クーポンを入力する
  9. 完了
しまうまくん

忘れずに手持ちのクーポンをいれてね。クーポンは併用不可?2回めの注文は?の質問はこちらの記事で紹介しているよ。 自分で入れないと反映されないから注意だよー!

フォトブックで一番時間がかかることって何だと思いますか?

KIKI

うーん。レイアウトしたり編集作業?

AOI

いいえ!実は写真を選ぶ作業なんです。

なぜかというと、最近のフォトブックの編集アプリはAI機能があったり自動レイアウト機能がついていたり、編集作業自体はとっても楽になりました。

フォトブックは難しそう!というのも少し前までの話で、作ってみると思っていたよりも簡単だったと思う人も多いんです。

代わりにスマホが普及して何枚も連続で写真を撮ることが多くなったために、スマホやカメラ本体にデータが多くあるので、フォトブックをつくる時に写真を選ぶ作業がとっても大変!

AOI

まさに私も同じ悩みが…

作る前に一度、写真のデータを整理してからフォトブックを作り始めるとサクサク作業が進みますよ。

しまうまくん

そうならないためにも、こまめに作ればいいね♪

AOI

分かっているけど子育てしていると時間がないのよ(涙)

まとめ:プレミアムは本当にプレミアムだった

以前から気になっていたしまうまプリントのプレミアム。

本日紹介した違いをまとめました。

スタンダードとプレミアムの違い

スタンダード(新:ライト)プレミアム(新:スタンダード)
カバー巻カバー(表紙別)ソフトカバー
印刷方式レーザープリンターインクジェットプリンター
色数4色(CMYK)7色(CMYK+PC(フォトシアン)/
PM(フォトマゼンタ)/Gray(グレー)
特徴レーザープリンターをつかった美しい印刷と、本体にかぶせるタイプの触り心地のよい巻きカバーが特徴。

はじめてフォトブックは迷わずこちらを!
開きやすいソフトカバーに、高級感のあるマット印刷。中身の紙は高級感のあるサテン紙です。

最新鋭のインクジェットプリンターを使い、より鮮やかで繊細に写真を再現、細部まではっきりと印刷します。

大切な写真はプレミアムで決まり!

スタンダードと比べて値段は確かに高いです。でも間違いなく価値ありでした

上質な仕上がりで、手にした時は「この質なら値段もするよね」と納得でした。

ただ難点は郵送時のパッケージは本体。しっかり保護してくれる面では100点満点ですが、簡易的なので贈り物として自宅に直接届ける場合はプレゼントしにくいかなと。

フォトブックはプレゼントすることも多いので梱包も少し気になるところですよね。

AOI

でも領収書は入っていない点はGOODです♪

個人的感覚ですが、この画質でこの値段ならしまうまプリントのプレミアム加工は高くはないでしょうか。

むしろ安いです!!

しまうまプリントのフォトブック・プレミアムがおすすめな場面は?

では具体的にプレミアムを選ぶなら、どんな時がベストなのか挙げてみました。

  • 写真集のように写真をきれいに見せたい
  • お宮参りや七五三の記念フォトブック
  • フォトブックをおしゃれに残したい
  • 目上の人や大切な人に贈りもの用にフォトブックを探している
  • スタジオで撮った写真をフォトブックにしたい
  • 家族の旅行やイベント用の写真集として作りたい
  • 長くフォトブックを楽しみたい
しまうまくん

プレミアム一度試して見る価値十分にあり

AOI

作ったフォトブックは祖母・義父母・実家に送りました。届いたよ〜と喜びの声が♪

普段はスマホやカメラで写真を撮ったきり、忘れてしまいがちな写真の整理問題。

実際わたしも3人分の子供の写真がスマホやSDカードに残っていました。

しかし、このままではいけない!最悪データーが消えてしまったら困る、という思いから様々なサイトでフォトブックをコツコツと作り始めました。

フォトブック選びはサービスが多くてどこで注文するか決めるまでにも時間がかかります。

AOI

急いで失敗もしたくないですよね。

ですので私が実際に利用した体験記が役立てばと思い、記事を書くことにしました。

これからも写真の整理術について記録していきますので宜しくおねがいします。

\ 一見は百聞にしかず!/

この記事を読んでいる人におすすめの記事

フォトブック選びを迷っている人におすすめの記事をまとめました。

参考になれば嬉しいです。

しまうまくん

僕の記事もまとめているから読んでね〜

妊娠中のママさんや、赤ちゃんがいるママさんに参考になるような記事を日々更新中です

SNS映えの写真のアイデアは当サイトのホームを要チェック!!

赤ちゃんの写真情報はこちら★

注意!

実は20201年の8月よりフォトブックの名称が変わりました!

この記事で紹介しているスタンダードは 「ライト」という名称に変わりました。

ですので今回の記事は新名称に当てはめると「ライトとNEWスタンダード」の2つの比較になります。

記事内では過去の呼び名で紹介しております。