MENU
カテゴリー

しまうまプリントのフォトブックで後悔!?口コミ評判をガチレビュー!

しまうまプリントのフォトブックで後悔。口コミや評判は。


ネットで手軽にフォトブックといえば「しまうまプリント」の名前が出るくらい、知名度もありますよね。

私もどんどん溜まっていく子供の写真や、七五三などの写真を使ってアルバムを作りたくて、フォトブックは10冊以上作ってます。

しまうまプリントは一番利用回数が多いです。

あおい

価格も配送スピードも最高なんですよね

なんだかんだ他のサービスに浮気をしつつ、しまうまプリントに戻ってきちゃいます。

【フォトブック】

でも、しまうまプリントのフォトブックってどうなのー?と検索したら

画質が悪い!思っていたのと違った!

などなど、使ってみたけど微妙だった…というマイナスの口コミも見かけます。

ちょっと気になる口コミを見ると注文するのを迷いますよね。他のサービスにしようかな〜なんて考えちゃったり…。過去の私も、安いしどうせ微妙な感じだよねと思っていたので分かります。

でも間違いなく、しまうまプリントはオススメのサービスですよ。

ただし、あることを間違ってしまうと「なんか違う、失敗したかも…」となりかねないのでご注意ください。

目次

しまうまプリントのフォトブック後悔しない選び方!

いろんな口コミがありますが、

結論から言いますとしまうまプリントでフォトブックを注文する時は「プラン選び」が最重要です!

ここを誤ってしまうと「え、なにこれ?最悪な仕上がりじゃん!」となり、「お金もったいなかった〜。別のサービスにすれば良かった(涙)」となります。

しまうまプリントのフォトブックで後悔するひとがいるのは何故?

先程と少しかぶりますが、しまうまプリントで後悔したことのある人はこんな風に考えているんだと思います。

後悔した人はこんな傾向が

一番安いライトプラン(旧:スタンダード)を注文している。

フォトブックの画像が写真をプリントしたような画質だと思っていた。

安いフォトブックを注文するのは初めての人。

思ってたのと違った〜

これ、実は私のことなんです!!

初めて注文したのは確か…独身の頃。

一冊500円(ワンコイン)に惹かれて、溜まっていた写真をフォトブックにしました。

その頃の記憶は少しうろ覚えですが、ワクワクして届いたフォトブックを見て驚きました。

neko
あおい

え。画質悪い(予想してなかった…)

画質に関しては個人の受け取り方もあると思うんです。

でも今のスマホって画像そのものやスマホから見る写真ってすごくキレイですよね。

そのきれいな色合いや質を想像して、スタンダードプランを注文すると結構驚くかもしれないです。

なので、しまうまプリントのライトプラン(スタンダードプラン)を初めて利用する人は「画質は荒い・でも安くてお手頃」というスタンスなんだと理解して注文するといいですよ!

後から説明しますが、使用している色の数が違うことが影響しています

なのでスマホの画像と仕上がった画質を比べて、劣って見えるのは当たり前。

あおい

ここを知っているか知っていないかで、届いたあとのイメージの差は埋められます

大切な写真をきれいに残したいのなら、新スタンダードプランを選びましょう。

理由を画像つきで説明しますね!

後悔しないコツ【その1】 使用している画質やサイズに注意する

プラン選びの前に、使っている画像のサイズも実は影響があります。

適切な画質は注文するサイズで違う

  • 文庫サイズ   1358×1866px(約250万画素)
  • A5スクエア  1866×1866px(約350万画素)
  • A5サイズ   1866×2598px(約480万画素)
  • A4サイズ   2598×3425px(約890万画素)

メールやSNSを通して保存した画像は縮小され、画素数が小さくなることがあります

画素数が小さいと粗い写真になるので注意です!元のデーターを使って下さいね。

後悔しないコツ①しまうまプリント大切なのはプラン選び

さきほど、ライトプラン(旧:スタンダード)の特徴を説明しました。

大切なのでもう一度お伝えしますが、ある程度画質がいいものを求めているのならば、「スタンダードプラン」を選んでください。

あおい

えっと料金的には真ん中のプランですね。

同じ会社のサービスなのか!?というくらい画質も本体の触り心地も違います。ぜんぜん違うので、いつも一番お手頃なプランで注文していた方は驚きますよ。

しまうまプリントには3種類のプランがある。

プランの名前も最近変わったんですよ。サイトもおしゃれになってます。

  1. ライトプラン
  2. スタンダードプラン
  3. プレミアムハード

①が一番安くて②は高画質なソフトカバー。

3は背表紙が硬いハードカバーで中身も高画質。1〜3の順で値段も高くなります。

①ライトプラン

一番お手頃価格のライトプラン

しまうまプリントの公式サイトにも書いてありますが「コスパ抜群!」まずは試しに作ってみよう、と思えるような価格設定です。

でも書いてあるように画質は荒いです。

理由は使っているが4色だから。

レーザープリンターで4色(CMYK)を使っています、しまうまプリントが悪いのではなく、この価格設定で提供できるという面から見ると、かなりの企業努力!!

他にも低価格フォトブックはありますがその中でもレベルが高いですよ。

でも事前にどの程度画像が荒いのか不安な方はしまうまプリントのフォトブック公式サイトのサンプル本が無料でもらえます。注文してみると良いですよ。

あおい

わたしも久しぶりに注文する前にサンプル頼みました。

②スタンダードプラン

続いて、スタンダードタイプ。

むかしはプレミアムスタンダードと呼ばれてました。

こちらは6色使っているので画質は良いです!一番安いライトプランのフォトブックと比べたら全然違います。大切な写真ならば、スタンダードを注文したほうが絶対いいですね。

あとは公式サイトの説明に「半光沢の写真専用用紙を使っている」と書いていますが、質感がマットで上品。

上品で上質。

私はツルツルしている「The・写真」という感じが苦手なので、この質感はとっても気に入りました。

誰かにプレゼントするならばスタンダードタイプが間違いありません。

詳しくはスタンダードプランとライトプランの比較口コミで書いています。

AOI

詳しくは「スタンダードとライトプランの比較口コミ」の記事で深堀りしています!

ちなみに同じランクの印刷で他社と比べても一番安いのでフォトブック界の中では、NEWスタンダードもコスパが良いんですよ。

枚数値段送料カバー
しまうまプリントP24〜1,898円〜110円(メール便)
660円(宅配便)
A5ソフトカバー
マイブックP25〜3,520円〜500円(宅急便)A5ソフトカバー
フォトバックP24〜3,394円〜290円(ネコポス)
677円(宅急便)
ソフトカバー

送料も意外と合計金額を左右するので、ゆっくりでもいい場合は110円のメール便を選んでお得に利用しましょう!

③プレミアムハード

そして最後はプレミアムハード。

使っている色は7色とライトプランのほぼ倍の数。値段も下がってより手が届きやすい価格になりました。

実は最近七五三のフォトブックをしまうまプリントのプレミアムハードで注文しました。

今まで数々のフォトブックサービスを利用してきました。ハードカバーはこれ!っていうサービスもあったんですが(マイブック)しまうまプリントのほうが値段も安いので、絶対次回もしまうまで注文します。

表紙が硬いハードタイプは値段もグッと高くなるから、やっぱり値段は抑えたい…

それを叶えてくれるのが「プレミアムハード」

とても質が良くて、あんな安く買えるなんてびっくり!!

プレミアムハードの詳しい口コミは別記事で書いていますのでご覧くださいね。

しまうまプリントの注文方法をおさらい

それでは注文方法をおさらいしましょう。

しまうまプリントではパソコンからもスマホからも作れます。

でも、それぞれで出来ることが僅かに変わってきます。

あおい

私は自由度の高いパソコンから注文しています

注文前にクーポン情報を知りたい方は「しまうまプリントクーポン情報」に詳しく書いています。クーポンが併用できるかどうかも書いてます。

STEP
公式サイトに飛ぶ(またはスマホアプリ)
STEP
写真を選びレイアウトを決める

データの保管は90日

STEP
プレビューで仕上がりを確認し、タイトルや文字入れ
STEP
「注文する」をクリックして支払い方法を選ぶ
STEP
クーポンを入力し完了

しまうまフォトブック注文方法

あおい

忘れずに手持ちのクーポンを入れてね。「クーポン併用不可?二回目の注文は?」に関してこちらにまとめておきました。

ちなみにフォトブックで一番時間がかかることって何だと思いますか?

うーん。レイアウトしたり編集作業?

あおい

いいえ!実は写真を選ぶ作業なんです

なぜかというと、最近のフォトブックの編集アプリはAI機能があったり自動レイアウト機能がついていたり、編集作業自体はとっても楽になりました。

フォトブックは難しそう!というのも少し前までの話で、作ってみると思っていたよりも簡単だったと思う人も多いんです。

代わりにスマホが普及して何枚も連続で写真を撮ることが多くなったために、スマホやカメラ本体にデータが多くあるので、フォトブックをつくる時に写真をえらぶ作業が意外と大変!

作る前に一度、写真のデータを整理してからフォトブックを作り始めるとサクサク作業が進みますよ。

あおい

そうならないためにも日頃から同じ写真は消したり、アルバムをこまめに作るといいですよ

普段はスマホやカメラで写真を撮ったきり、忘れてしまいがちな写真の整理問題。

実際わたしも3人分の子供の写真がスマホやSDカードに残っていました。

しかし、このままではいけない!最悪データーが消えてしまったら困る、という思いから様々なサイトでフォトブックをコツコツと作り始めました。

あおい

iPhoneがバグって子どもたちや旅行の写真データが消えてしまったことがあるんです。スマホの中にあると思って後回しにしてると何かあった時に大後悔しますよ。

失敗したと思ったら。当てはまるか確認しよう!

まとめです。

しまうまプリントのフォトブックに関して、よくネットの口コミで見かける「なんか画像がイマイチだった(涙)」という人は3つ確認してくださいね。

  • 使っている画像の画素数
  • プラン選び
  • 自動補正

なので逆に、①②③がしっかりしていれば失敗を防ぐことが出来ます。

しまうまプリントのフォトブックで後悔→プラン選びで解決出来る!

と、ここまで説明してきましたがプラン選びさえ間違えなければ「後悔することは無いです!」私は身を持って体験しましたよ。

あおい

初めて注文したときの「え、失敗したかも」と思ったのは、古いスマホで撮った写真だったのが大きな原因の一つかも…

プランの特性を理解すれば、場面ごとに使い分けることが出来ます。

  • 値段を抑えたい場面ではライトプラン
  • 画質にこだわりたいならばスタンダードプラン
  • 長期間大事に使いたいし贈り物として作るならプレミアムハード

たまにアプリの操作性が悪いという話も聞きますが私が利用してみて動きが悪いなど、気になったことは無かったです。

でも強いて言うなら、パソコン上のほうが操作しやすいので好きですね!

七五三はロケーションフォトを使ったのでデータが300枚近くありましたが、パソコンで作業したのもあってインストールも数秒で終わりましたよ。

(七五三をSNSで話題のfotowaで撮影した話はこちら)

私も様々なフォトブックサービスを利用してきましたが、なんだかんだでしまうまプリントが一番多く注文しちゃうんですよね。

(一度使うと、作るのに慣れちゃうのもあるのかな??)

あおい

やり始めるまでが面倒ですが、ぜひ重い腰を上げて作ってみてくださいね!

私はよく遠く離れた両親家族に近況報告として送っています。

いつも楽しみにしてくれているんですが、一冊千円あれば沢山写真が載せられるし、2千円あれば光沢感のある良いフォトブックを作ることも出来ます。

場面ごとに予算も変わってくるから、使い分け出来る(同じデータでプランを変えるのも簡単)から便利。

あおい

公式サイトではお得なキャンペーンも随時やってるから要チェック★

\20%OFFお得!?/

番外編:お問い合わせのメール対応がとても良かった

これはちょっとフォトブックそのものについてではないんですが、

気になることがあってお問い合わせしたんです。

確か送ったのは早朝だったかな?子どもが寝ているうちに作りたくて。

で、送った日のお昼ごろにすぐ返事を頂けました。

あおい

内容は「自動補正」についてだったんです!

このメールをした時、数日前に一冊注文していたんですが、そちらの注文分も確認してくれていたようで…

上の文章だけでなく、参考に写真も添付してくれました。

流石だなぁ〜とサポート対応に感動しました。

意外と大事ですよね!カスタマーサポート。

しまうまプリントのフォトブック

注文前にお得なクーポン情報を知りたい人は「しまうまプリントのクーポン情報」に詳しく書いています。

クーポンが併用できるのかどうかも書いていますよ♫


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる